なにもしたくないときは、なにもしない


気温差とか、気圧とか、雨とか。
おーざっぱに『お天気うつ』とでも呼びたいナニカに、心当たりがある方はいませんかー。カケラもない方は、この記事とばしていいですからねー!お元気ならそれがなによりですー!

アレですよ、冬の間の、薄暗くて滅入るキブンとか、朝寒くて布団から出たくないとか、いっそ冬眠したいとか、もう雪かきしたくねぇとか、ああいうの全般だと思ってください(一部私の主観が混じっています)。
…夏に冬のたとえで申し訳ないんですが、今日の雨で、似たような『なんにもしたくないキブン』になった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。私はなります。てか、なってます。雨の休日はなんにもしたくないです(きっぱり)。

科学的には自律神経とか三叉神経とか、たしか「そうなる」ルートがある程度、説明されているんですよね。
状況がこうなっている、を知るだけで、ラクになることもあると思います。
私のコレは、気圧とかのせいで、私の脳の中の伝達物質がちょい渋滞とかプチストライキとかを起こしてるだけ、晴れればけろっとするんだー、と思えばいいのでございます。私の場合はね!お手軽体質ですからね!

あらわれる現象は、決して歓迎すべき状態ではないんですが、それが起こっているおーもとを知れば、「そういうことならしゃーない」に落ち着きやすいんではないかなぁということで、池谷裕二さんの脳の本はとてもオススメです。あと、ズバリ「うつヌケ」は、ご存じの方も多いかも?晴耕雨読、雨が降ったら本を読んだらいいじゃない。



そして『なんにもしたくない』キブンにピッタリのコミックスを、昨日のうちに買っておきました。猫とかどうぶつばっかりなのは、そういうキブンだからです!なんにもしたくないときには、猫、ちょーオススメです!


こっちは以前からの和屋文庫(マンガ多くなったなぁ)

あとね、なんにもしたくないときは髪を切ってもらえと糸井重里さんが仰ってるのにかこつけて申し上げます、【なんでもいいからもてなしてもらう体験】をすると、いいんじゃないかなぁ。整体とかリラクゼーションとか足つぼとかって、『そういうとき』のための場所です。

学校行きたくない、会社行きたくないのときもね、ジブンを大切に扱ってくれるとこで、いやってほどちやほやされて、うっかりカラダとココロもげんきになっちゃえばいいと思います。
ココロが動かないときは、カラダもたいてい固いです。固いとは、緊張が大きくて、呼吸が浅くて、血行が滞っている状態です。
どっちが先、じゃないんですよね。Aのとき、同時にBである。相関関係であっても、因果関係とは言い切れない。
原因さがしは、そんなに重要ではないと思っています。お天気を変えることができないように。『それは起こるものだ』、と諦めておいたら、まあまあラクに、私はなっています。お手軽なんでね!

手前味噌とか宣伝とかでなくてね、ホント、しんどいときは【ひとになにかしてもらう】ことってパワーとリラックスを同時にもたらしてくれると思います。私も、10代の頃、伯父の鍼灸院でずいぶんラクにしてもらいました。
めぐりめぐって、そういう場所に自分がいるフシギ。和屋は、18歳未満の方は保護者の方同伴で【学割30%OFF】ですのでねー、学校行きたくないときはひとやすみにおいでませー(保護者の方とね)。なにもしたくないときは、『なにもしない』をしましょうー。
ホント宣伝じゃなくてね!すみませんね!どこの整体だっていいんですからね!ラクになったもん勝ちです!

(18:20)


 

エキテンの和屋のトップページ(当日を含む空き状況がご覧いただけます)
●お電話(10時から18時) 0186-42-0033

コメント

人気の投稿