ファーストコンタクト(15年ぶり2回目)


メガネが本体となりましてから、かれこれ30年近くを…近くを…過ごしてまいりましたわけなんですが…そうか30年…。(かみしめています)

本体・メガネといたしましては、コンタクトレンズには、とくに必要性を感じないでおりました。なんでかってーと、わたくし、一重なので、その。
……カオのパーツが、さみしいんです。
フレームがないとどうしていいかわからないんです……!

ただ、20代のね、コンサート行くのが頻繁だった頃にね。
1回だけ作ったことがあるんです、コンタクト。
最前列とか2列目とか5列目とか、アホみたいなチケット当たっちゃった頃にね、乙女ゴコロといたしましてね!わかって!

で、そのときの感想は、『私の眼には、あんまり合わないなぁ』というものでした。
眼に、異物が入ってるというのが、どうにも慣れなかったのです。
あと、くどいようですが、うっすいカオなんで!目の前にレンズがない、素顔でいるってのが、めっちゃ防御力低下してる気がして!
いいの、メガネだいすきだから…。
はずして即お昼寝できるから…。
メガネはカオの一部、もとい本体ですから…!

……だというのに、わたくし、このたび、人生で2回目となりますコンタクトレンズを、作りました。作ってしまいました。約15年ぶり。え、もっとか?
ひとえに、【自転車用のアイウェア】(※サングラス)をつけたいから!でございます!!

眼鏡屋さんで、度の入ったスポーツサングラスを折角作ってもらったのに、普通のメガネとは違うカーブ(めっちゃ曲がってる)が眼と合わず、泣く泣くキャンセルさせていただいた2018年秋!
じゃあ諦めなさいよ、ではなく、こうなったら最終手段だ、コンタクトレンズで再チャレンジだ!となるあたりが和屋のアホさかげんをあらわしております。

しかしながら、まずは装用に慣れる期間が必要です。万が一、結局眼に合わないとか、視界が違和感で自転車乗ってるどころじゃないとかでは、悲しすぎるというものです。

そんなわけでね、お客さまのいらっしゃらない時間を狙って、お店でコンタクト、着用の機会をつくって…みた…んですが…。

………な、慣れない………!

あのね!細い目にはね!装着するときが最難関なのよ!目がレンズの大きさに開かないのよ!手こずること5分!(片目あたり)
お客さまで、施術のあいだコンタクトを着脱される用意周到な方が一定数いらっしゃるんですが、みなさまぱぱっとめっちゃ素早かったですよね…?な、慣れるの、コレ…?どんだけ糸目とかは言わないお約束ですよ…。

もたもたする最初をのぞけば、比較的、目とコンタクトはなじんできております。PCとか書類仕事、オッケー。次のミッションは外歩きですなぁ。なんとなく手癖で、ブリッジとかリムのあたりに指持っていきそうにはなるんですけど。
春になったら!アイウェアつけて自転車!ふふふ、スキーとかもそうだけど、目の周りがかくれると、初心者でもカッコよく見えるからね!(それが狙いかー!)
どんなの買おうかなーと、ワクワクで春を待ちたいと思います。
…コンタクト、その頃には、さくっとつけられるようになってるんだからね…!
(2019年の抱負)
(こんなことが)

(14:23)


 

エキテンの和屋のトップページ(当日を含む空き状況がご覧いただけます)
●お電話(10時から18時) 0186-42-0033

コメント

このブログの人気の投稿

和屋、インスタデビュー

私の不調は生理が9割

お正月、体重増えたひと手を挙げてー

こういうお仕事好き

晴れってすごい

世界はカラフルだ